APU・PUレザーとPVCレザーの違い

APUレザーとPVCレザーの違い

レザーベッドによく使われているAPUレザーやPUレザーとPVCレザーの違いについて。

ひとくちに合皮といってもいろいろな種類があります。それぞれの特徴を知り、適した素材を選びましょう。

合皮の種類について

革製品は、主に「本革」と「合皮」の2つに分かれるのはご存じの方も多いですよね。

ベッドに使われるのは主に「合皮」です。そしてその「合皮」は主にPVCレザーと呼ばれるポリ塩化ビニールと、PUレザーと呼ばれるポリウレタンの2種類に分かれます。

最近では、PUレザーの中でも品質の高いAPUレザーが使われたベッドも多くみられるようになってきました。

それぞれの違いについて見ていきましょう。

 

PVCレザー(ポリ塩化ビニールレザー)

PVCレザー

PVCとは、Polyvinyl chloride (ポリビニールクロライド)の略。

ベースとなる編物や織物の上に、塩化ビニル樹脂を塗布して、皮革に似せて作られた人工素材です。ベッドやソファに最もよく使われている合皮です。

PCVレザーの大きなメリットは、耐久性が高く汚れに強いところ。また価格も安いので比較的手軽に購入できます。

一方通気性は低いので、湿気が高い季節や部屋ではべたべたするかもしれません。また、長期間使用することで表面が硬くなり、ひび割れも起きやすいといえるでしょう。

PVCレザーのメンテナンス方法

汚れに強い素材ですので、ちょっとした汚れは水ぶきでOKです。汚れがひどい場合は、中性洗剤を使って拭き取ってください。

経年劣化でひび割れができやすいので、直射日光の当たる部屋での使用はおすすめしません。

 

PUレザー(ポリウレタンレザー)

PUとは、Polyurethane (ポリウレタン)の略。

ベースとなる編物や織物の上に、ポリウレタン樹脂を塗布して、皮革に似せて作られた人工素材。フェイクレザーとも呼ばれます。ソファなどの家具でも、より高級なものによく使われる素材です。

PUレザーの一番の特徴は、よりより本革(天然皮革)に近い質感があること。柔らかくしなやかで肌の様な風合いがありますので、ソファのクッションなど広い面積で革の質感を出す場合に最適です。疑似本革としては、最高級にあたります。

本革の製品は高くて手が出ないけれど、革の質感を楽しみたい、という方におすすめ。

PVCレザーに比べると通気性があり、撥水性も高いので長持ちします。

PUレザーのメンテナンス

経年劣化はしにくいですが、本革に比べると耐久性は劣ります。

湿度の高い場所では水分との化学反応を起こし、表面がボロボロになる(加水分解)可能性があります。

汚れた場合も、基本的には水を使わず、乾拭きでふき取るようにしましょう。

 

APUレザー

APUレザー

PUレザーの欠点を解消すべく、品質を高めた合皮素材です。

APUレザーはスーパーソフトレザーとも呼ばれ、肌触りがとてもよく、上質で非常に柔らかいのが特徴。本物の革以上のつや感やシワが高級感を演出します。

また、伸縮性があり劣化しにくく、傷に強いことも特徴で、長く愛用するのに適した素材です。その分価格は高めですが、十分に価値があるでしょう。

さらに撥水性にも優れているので、お手入れがしやすいのも特徴です。

APUレザーは、よく本革と比較されますが、メンテナンスも本革より簡単な上、本革より低価格なので需要が伸びてきている新素材です。

→ APUレザーのベッドを見る

 

まとめ

ひとくちに合皮と言っても、上記のようにいろいろな素材があります。

予算や使い方に合わせて適したレザーをお選びくださいね。

 

スポンサーリンク


ベッドを選ぶならベッド通販エムカグがおすすめです

ベッド通販エムカグは、多くのベッドを細かいカテゴリから選べるネットショップです。気になるワードで、欲しかったデザイン、機能のベッドがきっと見つかるでしょう。
流通マージンをカットした、ネットならではの激安価格で販売中!